エアコンからの水漏れが起きる主な原因ってなに

エアコンからの水は直ちに雨漏り修理をしないと恐ろしいことになる

エアコンから水漏れが起こる原因

作業員

特にエアコンを触っていないし、叩いたこともないのに突然水漏れが起きてしまったという方は少なくありません。水漏れ修理を行う前に、なぜエアコントラブルが起きてしまったのかいくつか原因をここで紹介していきます。

エアコン水漏れトラブルの主な要因

その1【結露】
エアコンからの水漏れが起きてしまう考えられるトラブルの原因としては、結露になります。気温が高い日にエアコンを回してしまうと、送風口が結露を起こしてしまい水漏れが発生してしまいます。また、エアコンを長時間使用していることで負担がかかってしまい、本体そのものが冷えすぎてしまい水漏れを引き起こしてしまいます。
その2【ドレンパンの詰まり】
ドレパンといったところに、ホコリやゴミなどが詰まってしまうと、オーバーフローしてしまい水漏れが発生してしまいます。ドレパンの詰まりは、ゴミを取り除かないと水漏れを解消することはできません。また、エアコンにはアルミフィンといったところがあり、受け皿としての役割があります。長い期間エアコンを使用することで、受け皿部分に雑菌が繁殖してしまい水が固まってしまい、排水管の入り口部分が詰まりトラブルが起きてしまいます。
その3【エアコンが大きく傾いている】
エアコン本体を取り付ける際は、落下を防ぐために下側を支えるように固定されているので、ちょっとしたことで傾くことはほとんどありません。しかし、地震による揺れの影響で傾いてしまうケースもあります。エアコン本体の上側と壁が離れてしまうと、前側が傾き、奥の方に流れる水が前に出てきてしまいます。その結果水漏れが起きます。

原因が分かれば対策もできる

エアコンからの水漏れトラブルが起きる原因は、上記の内容が考えられます。原因が分かれば水漏れ修理もしやすくなりますし、今後トラブルが起きないように対策することもできます。日頃からエアコンの掃除や点検を行い水漏れ対策を行うことが大切です。

TOPボタン